メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無戸籍問題

翻弄される苦悩舞台に 22日から東京で上演

無戸籍の問題に翻弄される市子役を演じる大浦千佳さん=劇団「チーズtheater」提供

 親の事情などで出生届が出されず「無戸籍」となった人を描いた2本立ての演劇「川辺市子のために」「川辺月子のために」が22日から東京・新宿で上演される。9月2日まで。手がけるのは災害や売春など社会問題を題材にしてきた劇団「チーズtheater」。主宰の戸田彬弘さん(35)は「無戸籍という法制度の落とし穴によって翻弄(ほんろう)されながらも、必死に生きようとする人の存在を伝えたい」と話している。

 戸田さんが無戸籍の問題を知ったのは、2015年の春。前年に法務省が初の実態調査を行い、「選挙に行け…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです