メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無戸籍問題

翻弄される苦悩舞台に 22日から東京で上演

無戸籍の問題に翻弄される市子役を演じる大浦千佳さん=劇団「チーズtheater」提供

 親の事情などで出生届が出されず「無戸籍」となった人を描いた2本立ての演劇「川辺市子のために」「川辺月子のために」が22日から東京・新宿で上演される。9月2日まで。手がけるのは災害や売春など社会問題を題材にしてきた劇団「チーズtheater」。主宰の戸田彬弘さん(35)は「無戸籍という法制度の落とし穴によって翻弄(ほんろう)されながらも、必死に生きようとする人の存在を伝えたい」と話している。

 戸田さんが無戸籍の問題を知ったのは、2015年の春。前年に法務省が初の実態調査を行い、「選挙に行け…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文753文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです