メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無戸籍問題

翻弄される苦悩舞台に 22日から東京で上演

無戸籍の問題に翻弄される市子役を演じる大浦千佳さん=劇団「チーズtheater」提供

 親の事情などで出生届が出されず「無戸籍」となった人を描いた2本立ての演劇「川辺市子のために」「川辺月子のために」が22日から東京・新宿で上演される。9月2日まで。手がけるのは災害や売春など社会問題を題材にしてきた劇団「チーズtheater」。主宰の戸田彬弘さん(35)は「無戸籍という法制度の落とし穴によって翻弄(ほんろう)されながらも、必死に生きようとする人の存在を伝えたい」と話している。

 戸田さんが無戸籍の問題を知ったのは、2015年の春。前年に法務省が初の実態調査を行い、「選挙に行けない」「銀行口座を作れない」「携帯電話を持てない」といった問題がクローズアップされた時期だった。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです