メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・土砂災害4年

減災へ誓い 各地で犠牲者悼む

犠牲者を悼んで並べられたキャンドルの前で黙とうする人たち=広島市安佐南区で20日午前4時13分

 77人が死亡した広島土砂災害は20日、発生から4年を迎えた。広島市安佐南、安佐北両区の被災地では、未明から遺族や住民が住宅跡地や慰霊碑を訪れ、花を手向けた。先月の西日本豪雨では広島県で108人が亡くなり、人々は犠牲者を悼むとともに、減災への誓いを新たにした。

 65人の犠牲者名が刻まれる安佐南区八木3の市立梅林小慰霊碑前では、自主防災会連合会の主催で追悼献花式が開かれた。菅原辰幸会長が「全国で多くの災害が起きている。災害伝承や防災教育に取り組んでいく」とあいさつ。…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです