メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高速増殖炉

もんじゅ模擬訓練中に警報 原因特定できず

機器のトラブルが相次ぐ高速増殖原型炉もんじゅ=福井県敦賀市で2018年7月15日、本社ヘリから加古信志撮影

 廃炉が決まっている高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で19日、使用済み核燃料の取り出し作業に向けた模擬訓練を始めたところ、途中で警報が鳴り、訓練を中断した。日本原子力研究開発機構によると、警報の原因は特定できておらず、訓練再開のめども立っていない。機構は当初の予定を延期して8月中に着手するとした燃料取り出し作業の更なる延期はないとしている。環境への影響はないという。

 機構によると、核燃料に見立てた制御棒を炉外燃料貯蔵槽から取り出す訓練を始め、4時間半が過ぎた19日…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです