メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

大島理森氏/上 「泣き言はいわない」周五郎の説教集、いつも机上に

衆院議長公邸の書斎で腰掛ける大島理森衆院議長=東京都千代田区永田町の衆院議長公邸で、宮本明登撮影

ロングバージョン

 山本周五郎は学生時代から読み続けている。最初に読んだのは「ながい坂」(下級武士が身分差別に苦しみつつ堤防工事に取り組む物語)だった。本好きの友人が「大島、勉強もしないし遊んでばかりいるんじゃないか。これ、面白いぞ」と勧めてきた。「樅ノ木は残った」という作品もあるね。ぜひ読んでほしい。

 当時、大人気だったのは司馬遼太郎。スターを描き、活動的で絵になりやすい。胸躍る物語だ。一方、山本周…

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1448文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです