メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 作家・平野啓一郎さん

平野啓一郎さん=藤井太郎撮影

「反日」攻撃と冷笑主義

 昼下がりの東京都内はうだるような暑さだった。ビルの輪郭がかげろうのように揺らいで見える。将来が見通せない現代を映し出したかのようだ。

 バブル崩壊以降、平成は展望が開けない時代とも言われてきたが、平野啓一郎さん(43)は、この時代をどう受け止めているのだろう。

 「2000年代の初めに『自分探し』という言葉が社会的にはやりましたけど、僕は、日本全体が自分探しをしていたのが『平成』という時代かなという気がします」

 自分探し--。1990年ごろから使われ出したこの言葉、手元の辞書によれば「自分の現状に満足できず、…

この記事は有料記事です。

残り2498文字(全文2765文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです