メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 三重・紀伊長島での「将軍 SH〓GUN」撮影は、馬場正男ら日本側スタッフにとって驚きの連続だった。

 ハリウッド側撮影隊はスタッフ、出演者にその家族も同行し、約50人。近くに適当な宿舎がないため、廃業していたホテルを借り切って整備し、稼働させた。劇中で主人公が乗ってきた船は、サンフランシスコの博物館に展示されていた船を、撮影のために航海させて持ち込んだ。一方、日本の船は、船大工に建造させる。「3000万円やったかな」と馬場。

 紀伊長島の海は豊かな漁場で、撮影地の沖合も養殖場だった。しかし映画は17世紀の伊豆・網代と大坂とい…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです