メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多言語絵本の会RAINBOW

母国語をいつもそばに 日本の絵本を翻訳し朗読、公開 「子どもたちが忘れぬよう」

「多言語絵本の会RAINBOW」代表の石原弘子さん(左)。朗読は日本語教室に通う人たちも協力している=東京都目黒区の中目黒スクエアで、金秀蓮撮影

25以上の言語

 日本語の絵本を英語や中国語、スペイン語などさまざまな外国語に翻訳して朗読し、紙芝居のようにした動画をインターネットで公開しているグループがある。「多言語絵本の会RAINBOW」(東京都目黒区)だ。多くの外国人が日本へ移り住む中、代表の石原弘子さん(74)は「外国にルーツを持つ人たちが母国語を大切にする手助けになればうれしい」と話す。

 グループは2006年から活動を始めた。日本語教室でボランティアをしていた石原さんが、来日したフィリ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 慣例通り仏料理 牛ステーキ 宮中晩さん会 トランプ大統領迎え
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. 医師の過労死認め病院に1億6700万円支払い命令 長崎地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです