メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

目で聴く音楽、共感 障害の有無超える「オイカゼ」 3人グループ、手話で歌詞や情感表現

手話やジェスチャーなどを交え、歌を表現する「サインダンス」のパフォーマンスを披露する「オイカゼ」の(右から)西田敬康さん、強力翔さん、竹下善徳さん=大阪府枚方市で、平川義之撮影

 関西を中心に活動するパフォーマンスグループ「オイカゼ」は「目で聴く音楽」をコンセプトに、手話やジェスチャーなどを交えて歌を表現する新たな音楽のスタイルを切り開いている。耳の不自由な人も楽しめるよう、歌詞の意味や情感を視覚的に伝え、障害の有無を超えて多くの人を引きつけている。【金志尚】

 3人のメンバーがステージに登場すると、約50人の観客は両手を上げてひらひらさせながら出迎える。「拍手」を表す手話だ。軽快なメロディーに、ボーカルの強力翔(ごうりきかける)さん(32)の優しい歌声が乗る。それに合わせ、いずれも耳が不自由な西田敬康(たかやす)さん(36)と竹下善徳(よしのり)さん(28)が手話やジェスチャー、顔の表情を織り交ぜて歌詞や情感を表現していく。息の合ったパフォーマンスが観客を魅了する。

 オイカゼは2年前、手話などで歌を表現する「サインダンス」のグループとして結成された。西田さんと竹下…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです