メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

目で聴く音楽、共感 障害の有無超える「オイカゼ」 3人グループ、手話で歌詞や情感表現

手話やジェスチャーなどを交え、歌を表現する「サインダンス」のパフォーマンスを披露する「オイカゼ」の(右から)西田敬康さん、強力翔さん、竹下善徳さん=大阪府枚方市で、平川義之撮影

 関西を中心に活動するパフォーマンスグループ「オイカゼ」は「目で聴く音楽」をコンセプトに、手話やジェスチャーなどを交えて歌を表現する新たな音楽のスタイルを切り開いている。耳の不自由な人も楽しめるよう、歌詞の意味や情感を視覚的に伝え、障害の有無を超えて多くの人を引きつけている。【金志尚】

 3人のメンバーがステージに登場すると、約50人の観客は両手を上げてひらひらさせながら出迎える。「拍手」を表す手話だ。軽快なメロディーに、ボーカルの強力翔(ごうりきかける)さん(32)の優しい歌声が乗る。それに合わせ、いずれも耳が不自由な西田敬康(たかやす)さん(36)と竹下善徳(よしのり)さん(28)が手話やジェスチャー、顔の表情を織り交ぜて歌詞や情感を表現していく。息の合ったパフォーマンスが観客を魅了する。

 オイカゼは2年前、手話などで歌を表現する「サインダンス」のグループとして結成された。西田さんと竹下…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです