メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
子どもみんなで支える

プレーパーク「トカイナカ」朝霞 「孤育て」解消へ遊び場 運営NPO、親同士の交流重視 /埼玉

 東京のベッドタウンとして子育て世代が増加する県南部では、地縁・血縁のない地域での「孤(こ)育て」(孤立した育児)の解消が課題となっている。日本冒険遊び場づくり協会(東京都)の代表を務め、朝霞市のプレーパークでリーダーを務める関戸博樹さん(37)は「プレーパークは社会福祉」と語り、孤育てに悩む親たちの支援に主眼を置いた遊びの場を提供している。関戸さんらが開く遊びの場「トカイナカ」を訪ねた。【山寺香】

 よちよち歩きの1、2歳児がシャボン玉に熱中する横で、もう少し大きな子どもたちはホースで水をまきなが…

この記事は有料記事です。

残り1557文字(全文1808文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです