ボーイスカウト交流

ラトビア、富士市10周年 関係者らが市長訪問 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バルト3国の一つ、ラトビアと富士市のボーイスカウト交流が、10周年を迎えた。ラトビアのスカウト関係者が20日、富士市の小長井義正市長を表敬訪問し、祝福しあった。

 交流は、ボーイスカウトの富士地区国際交流委員長、川島泰彦さん(73)が2007年、ラトビア人の友人の遺品として譲り受けたボーイスカウトの最高章「シルバーウルフ」を祖国に返還した縁で始まった。08年から若者が…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

注目の特集