メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和堂跡地

特養や保育園整備 高島市が再開発計画 JR安曇川駅東口 /滋賀

JR安曇川駅東口の再開発計画を発表した滋賀県高島市の福井正明市長(左から2人目)と事業者=同市役所で、塚原和俊撮影

 高島市は、JR湖西線安曇川駅東口にある平和堂跡地約1・2ヘクタールの再開発計画を発表した。特別養護老人ホームや保育園のほか、リゾートホテルの社員寮や飲食店などが整備される。市の構想を元に民間事業者が開発する方式で、福井正明市長は「公約の一つがやっと実現する。駅前ににぎわいを取り戻したい」と話した。

 特養は鉄骨2階建てで50室を配置し、認可申請中の社会福祉法人「華徳(けとく)会」が運営。併営する保育園は2歳児までを対象に18人程度、受け入れる予定という。いずれも2020年4月の…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  3. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 駆け込んだ交番内でわいせつ被害 当時、警官不在 男は逃走 東京・葛飾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです