メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊半島豪雨

7年を前に、安全な村づくり誓う 慰霊祭に村民ら190人 十津川 /奈良

水害犠牲者の冥福を祈って献花する十津川中の生徒ら=奈良県十津川村で、栗栖健撮影

 2011年9月の紀伊半島豪雨から7年を迎えるのを前に、十津川村は17日、水害の犠牲者を弔う慰霊祭を紀伊半島森林植物公園の水害慰霊碑前で行った。村では死者行方不明者計13人の被害が出ており、犠牲者の冥福を祈り、安全な村づくりを誓った。

 水害犠牲者の遺族や村民ら約190人が出席し、十津川中の3年生19…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです