メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

速報展「大和を掘る36」

県内38遺跡の遺物紹介 橿考研など、17年度発掘中心 橿原・来月2日まで /奈良

展示されている東大寺旧境内東塔院跡で見つかった鬼瓦=奈良県橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属博物館で、藤原弘撮影

 県立橿原考古学研究所などが2017年度に実施した発掘調査の成果を中心に紹介する速報展「大和を掘る36」が橿原市畝傍町の橿考研付属博物館で開かれている。東大寺旧境内東塔院跡(奈良市)で見つかった鎌倉時代の鬼瓦や、飛鳥時代最大級の方墳と判明した小山田古墳(明日香村)で出土した石材など、県内38遺跡の出土遺物や写真パネルを展示する。9月2日まで。

 橿考研や奈良文化財研究所(奈文研)、市町村教委など17機関から、縄文~江戸時代にかけての遺物442点、写真パネル39枚を展示。平城京跡(奈良市)から出土した海老錠は初展示で、弥生時代の遺構が見つかった奈良市東九条町の遺跡や杣之内向山(そまのうちむかいやま)遺跡(天理市)も紹介、平城宮跡東院地区(奈良市)から見つかったかまどの一部なども展示している。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです