メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

泥に埋まった日常 被災地、広島・坂町を歩く /鳥取

砂防ダムの決壊で流れてきた流木や土砂の山=広島県坂町小屋浦で2018年7月23日、阿部絢美撮影

 7月の西日本豪雨から1カ月半近くが過ぎた。当たり前の日常を大雨が一変させた。土石流にのみ込まれた広島県坂町・小屋浦地区もその一つだ。砂防ダムが決壊し、中心部を流れる河川があふれかえった。発生から2週間後、気温30度を超える猛暑が続く中、地区内を歩いた。【阿部絢美】

「なんでこんなことに…」住民ら戸惑いと不安

 アスファルトの道路は乾いた泥がへばりつき薄茶色に。土砂の塊が両脇に積み上げられ、流木はいまだ散らばっている。すれ違う人々は長靴と軍手を身につけ、首元からしたたる汗は太陽に反射し光っていた。住宅の中をのぞくと家財道具はなく、畳にはキノコらしきものが生えていた。山手に向かって川沿いを歩けば、ズボンは汗で湿り、泥の臭いがつんと鼻についた。

 「家に帰れんくなった」。傾いた自宅を写したスマートフォンの画面を見た会社員、西村泰明さん(45)が…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1157文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです