精神疾患

入院50年1773人 90年超の記録も 1588病院調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 精神病床のある全国の病院で50年以上入院する精神疾患の患者数が、2017年6月末時点で少なくとも1773人に達することが毎日新聞の調査で判明した。半世紀にわたり継続入院している患者数について公的な統計は取られていない。厚生労働省は患者の地域移行を掲げ削減を目指すが、今も病院に収容され人生の大半を過ごす人たちが数多くいる実態が明らかになった。

 国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)が47都道府県・20政令市を通じ、精神病床のある病院から毎年6月末時点の患者に関する情報提供を受けていることから、毎日新聞は各自治体に対し、センターに提出した資料を情報公開請求し、担当部署を取材。全国の精神病床を持つ病院の97・7%に相当する1588病院について、1967年6月以前に入院した患者の人数を確認した。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文632文字)

あわせて読みたい

ニュース特集