第100回全国高校野球

金足農、東北の夢担う 決勝進出 VS大阪桐蔭 白河越え12度目挑戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
決勝進出を決め、校歌を歌う金足農の選手たち=阪神甲子園球場で2018年8月20日、平川義之撮影
決勝進出を決め、校歌を歌う金足農の選手たち=阪神甲子園球場で2018年8月20日、平川義之撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は第15日の20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準決勝2試合があり、東北勢として初優勝を狙う金足農(秋田)と、史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)が決勝に進んだ。

 金足農は日大三(西東京)に2-1で競り勝った。東北勢としては、第97回大会(2015年)の仙台育英(宮城)以来、春夏通じて12回目(春3回、夏9回)の決勝進出。公…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい