メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在職老齢年金

支給額減廃止なら就労増 支給増え財政悪化も 内閣府試算

60代男性、14万人常勤に

 働く高齢者の年金支給額を減らす「在職老齢年金制度」を巡り、制度がなければ、フルタイムで働く60代男性が約14万人増えるとの分析結果を内閣府がまとめた。政府は、深刻化する人手不足を背景に高齢者の就業を促そうと制度の見直しを検討している。だが、制度を廃止すれば年金財政が悪化する恐れもあり、反対論も出ている。【大久保渉】

 在職老齢年金制度は、厚生年金保険に加入して働いている高齢者が対象。60~64歳では年金と賃金(ボー…

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1201文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです