在職老齢年金

支給額減廃止なら就労増 支給増え財政悪化も 内閣府試算

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

60代男性、14万人常勤に

 働く高齢者の年金支給額を減らす「在職老齢年金制度」を巡り、制度がなければ、フルタイムで働く60代男性が約14万人増えるとの分析結果を内閣府がまとめた。政府は、深刻化する人手不足を背景に高齢者の就業を促そうと制度の見直しを検討している。だが、制度を廃止すれば年金財政が悪化する恐れもあり、反対論も出ている。【大久保渉】

 在職老齢年金制度は、厚生年金保険に加入して働いている高齢者が対象。60~64歳では年金と賃金(ボーナス含む)の合計が月28万円、65歳以上では月46万円を超える場合、年金支給額を減らす。賃金が増えるほど減額幅は大きくなる。

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1201文字)

あわせて読みたい

ニュース特集