メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北

離散家族、高齢化の波 肉親と再会、減少

 【ソウル堀山明子】朝鮮戦争などで韓国と北朝鮮に引き離された離散家族の再会事業が20日、北朝鮮の景勝地、金剛(クムガン)山で始まり、韓国側の申請者89人とその家族ら計197人が北朝鮮側の家族185人と対面した。韓国記者団によると、高齢化に伴い、親や兄弟など近い家族と会えるケースは激減する中、泣きながら抱き合う親子の姿もみられた。

 「生きていてくれて、ありがとう」。午後3時から金剛山ホテルで始まった団体面会で、89歳の男性は、北…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです