メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

ゲノム編集、届け出制 環境省、規制外も対象

ゲノム編集で作った生物の規制について議論する環境省の有識者検討会=東京都千代田区で20日、千葉紀和撮影

 遺伝子を効率よく改変できる技術「ゲノム編集」で作られた生物を巡り、環境省の有識者検討会は20日、一部を遺伝子組み換え生物の規制対象から外す一方、対象外の生物も原則国に届け出を求めるとの意見をまとめた。今年度中に結論を出すが、欧州などは遺伝子組み換えの規制に含める判断を示しており、国内の消費者団体からは「安全性が確立するまでは欧州と同様に厳しく規制すべきだ」と批判の声が上がる。

 検討会では、外来の遺伝子を組み入れたゲノム編集の生物については、在来種と交雑し環境に影響を与える可能性があることから、遺伝子組み換えと同様に国際的な枠組みに基づく「カルタヘナ法」での規制が必要と判断。一方、特定の遺伝子を切断し機能を失わせることで作った生物は規制対象外とした。一部の遺伝子が壊れて新種が誕生することは、自然界でも起こるため規制になじまないとの考えからだ。遺伝子操作の過程で外来の遺伝…

この記事は有料記事です。

残り1888文字(全文2278文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです