連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

ゲノム編集、組み換えと何が違う? 特定遺伝子壊して改変 約20年前に開発=回答・須田桃子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ゲノム編集で作られたトマト=江面浩・筑波大教授提供
ゲノム編集で作られたトマト=江面浩・筑波大教授提供

 なるほドリ 農作物の品種改良(ひんしゅかいりょう)に新しい技術が登場したと聞いたよ。

 記者 遺伝子(いでんし)を切断する酵素(こうそ)を使い、特定の遺伝子に狙いをつけて効率よく改変できる「ゲノム編集(へんしゅう)」という技術ですね。約20年前に開発され、2012年に「クリスパー・キャス9」という使い勝手のよい手法が発表されると、幅広い研究分野で爆発的に普及しました。農作物への応用では、高血圧を抑える成分を多く含むトマトや収量の多いイネなどの開発が日本でも進められています。

 Q 「遺伝子組(く)み換(か)え」という技術も聞いたことがあるけど。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文839文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集