メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

自民議員のLGBT「生産性」寄稿 差別禁止へ法整備を=藤沢美由紀(医療福祉部)

自民党本部前で杉田水脈衆院議員の辞職を求めて抗議する人たち=東京都千代田区で7月27日、宮間俊樹撮影

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が性的少数者であるLGBTに対し、「子どもを作らない、つまり『生産性がない』」などと侮辱した月刊誌の寄稿への批判が続いている。しかし、ある当事者は「あんなの何千回と言われてきた」とつぶやいた。私は、杉田氏の寄稿が今の日本社会の意識をよく表していると思っている。

 それでも今回、これまでにない変化も起きた。当事者が声を上げ、その輪が広がっている。これをきっかけに、根本的な解決へつながるよう願う。

この記事は有料記事です。

残り1758文字(全文1972文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです