特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治竜王-糸谷哲郎八段 第7局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

中央の戦い

 糸谷は対局開始からノータイムで指していたが、[後]7三桂(図)で初めて時間を使った。以降両者探り合うように、一手一手に時間をかけた。

 糸谷は後手番のため千日手は歓迎。先手が動くのを待つ。

 羽生が[先]4七銀~[先]4六銀と立て直し、糸谷は[後]7二玉と右玉に組み替えた。[後]3一玉~[後]2二玉とすると2、3筋からのアタリがきつい。羽生は[後]7二玉に[先]5五歩と突いたが「すぐに行ったのはよくなかったかもしれない」。

 代えて[先]2五歩[後]5三銀を入れてから[先]5五歩が検討されたが、[後]5五同歩[先]同銀[後]3五歩[先]4七角[後]3六歩[先]同角[後]4二金(参考図)で、[後]3一飛から角を狙う筋があり形勢は不明。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文792文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集