メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LCC

国際線地方で飛躍 今夏65路線、2年で倍増

 全国の地方空港で格安航空会社(LCC)による国際線の就航が急増している。定期便の路線数は2018年夏スケジュール(3月開始)で65路線と、16年夏(同)の31路線から倍増。アジアを中心に繰り返し来日するリピーターが増え、地方都市を直接目指すようになったためだ。【宇都宮裕一】

訪日リピーターが直行

 全国の空港から羽田、成田、関西国際、中部の4空港を除いて集計した。九州では昨年12月以降、主要空港の全てにLCCが就航し、台湾や韓国、香港路線が拡充した。国際線の開設は北海道、東北などでも見られる。国土交通省などによると、地方空港に就航する国際線は18年夏で163路線で、うち約4割をLCCが占めた。比率としても16年夏の約2割からほぼ倍になった。

 台湾のLCC、タイガーエア台湾は昨年12月に福岡-高雄(台湾)を開設して以降、今年1月に小松(石川…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1660文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです