メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
空飛ぶクルマ

本格始動 米欧中、開発競争加速 2020年代、実用化狙い 日本、年内に「行程表」

日本の有志団体「CARTIVATOR(カーティベーター)」が開発中の空飛ぶクルマ「SkyDrive」のイメージ=カーティベーター提供

 政府は「空飛ぶクルマ」の2020年代の実用化に向け、年内に官民協議会を開きロードマップ(行程表)を策定する。自動車の電動化や自動化の流れが将来「空」にも広がると見て、海外では次世代移動サービスとして開発競争が加速。日本でも技術開発や安全確保などの議論を本格化させる。【和田憲二】

 「空飛ぶクルマ」の明確な定義はないが、ヘリコプターとドローン(小型無人機)の間に位置づけられる。垂直に離着陸し、電池とモーターでプロペラを回して進む。さまざまなタイプが計画されており、飛行速度は時速100~数百キロで、自動操縦を想定するものが主流だ。エンジンを用いるヘリよりも部品が少なく構造が簡素▽操縦士がいらず運航コストはタクシー並み▽大規模なインフラなしで「点から点」へ最短で移動できる--などの利点がある。

 先行する米配車大手のウーバー・テクノロジーズは、20年代に空飛ぶクルマを用いた移動サービスの実用化…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文1083文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. あおり運転各地で繰り返した可能性 43歳男を傷害容疑で指名手配

  4. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです