メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
デジタル

事故危険箇所、地図で共有

子どもが死傷した交通事故のデータが、デジタルマップ上に色分けされた丸いアイコンで示された「あんぜんmyマップ」の画面=あんぜんmyマップサイトより

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 子どもが友達同士や一人で遊びに出かける年齢になると、交通事故が心配だ。普段から地域の危険な交差点や道路を把握するために、過去の事故情報が登録されたデジタルマップが活用できる。地元住民だからこそ知っている危険箇所の投稿・共有もできる。

 ●住民が情報投稿も

 AIG損害保険(東京都港区)は3月から、全国の交通事故多発エリアや事故発生リスクの高い地点をデジタルマップに分かりやすく表示した「あんぜんmyマップ」(https://www-511.aig.co.jp/p/anzenmap/)を公開している。スマートフォンやパソコンを使い、住所や駅名で見たい地域を検索できる。

 事故情報は、公益財団法人「交通事故総合分析センター」が持つ3年分(2013~15年)のデータの提供…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1250文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです