メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 競泳 池江璃花子(18) 2日間で3冠、伸び盛り

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 高校生のラストシーズンは右肩上がりの成長曲線を描いている。年明けから好調を維持してジャカルタに乗り込んだ。アジア大会は19日の女子400メートルリレー、20日の女子50メートルバタフライと女子100メートル自由形を制して2日間で3冠。21日は思い入れのある女子100メートルバタフライで過去に2人しか突入していない55秒台を目指す。

 今年に入って短水路(25メートル)を含め自由形とバタフライの短距離種目を中心に塗り替えた個人の日本…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです