連載

Features・2020年へ

Features(フィーチャーズ)は英語で特集や主役などを意味する。2年後の東京五輪を目指し、アジア大会を戦う日本選手団を紹介する。

連載一覧

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 競泳 池江璃花子(18) 2日間で3冠、伸び盛り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 高校生のラストシーズンは右肩上がりの成長曲線を描いている。年明けから好調を維持してジャカルタに乗り込んだ。アジア大会は19日の女子400メートルリレー、20日の女子50メートルバタフライと女子100メートル自由形を制して2日間で3冠。21日は思い入れのある女子100メートルバタフライで過去に2人しか突入していない55秒台を目指す。

 今年に入って短水路(25メートル)を含め自由形とバタフライの短距離種目を中心に塗り替えた個人の日本記録は計17回を数える。「泳ぐのが楽しい」「どんどん自信が付いている」と充実している。100メートルバタフライは今季計4回、自身の記録を更新した。圧巻は今月11日に行われたパンパシフィック選手権。前半から五輪のメダリストらを圧倒して、今季の世界最高の56秒08で優勝した。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1055文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集