メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

スマホっ子の風景 竹内先生の新教育論 「デートDV」に気付き始めた若者たち 対策の「授業化」求める声も

 昨年10月掲載の本欄で、主に若い人たちが交際相手から受けるドメスティックバイオレンス(DV)である「デートDV」を取り上げました。私が数年前から学生と一緒に支援している「大阪市生野区地域福祉アクションプランデートDV防止推進チーム」が昨年、大阪府内の高校生352人を対象に行ったアンケート結果=下の表=も紹介しました。

 1位の「連続投稿」は、相手が頻繁にLINE(ライン)などで連絡してくることです。3位「携帯チェック…

この記事は有料記事です。

残り1634文字(全文1844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです