自民

総裁選日程正式決定、首相と石破氏との一騎打ちへ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の石破茂元幹事長(左)と、安倍晋三首相=川田雅浩撮影
自民党の石破茂元幹事長(左)と、安倍晋三首相=川田雅浩撮影

総裁選管理委員会が「9月7日告示、20日投開票」

 自民党は21日午前、党本部で総裁選管理委員会(委員長・野田毅元自治相)を開き、安倍晋三首相(63)=党総裁=の任期満了に伴う総裁選の日程を9月7日告示、同20日投開票とすることを決めた。連続3選を目指す首相と、既に出馬表明した石破茂元幹事長(61)の一騎打ちとなる公算が大きい。2015年の前回選挙は首相が無投票で再選されたため、選挙戦となるのは12年以来6年ぶりだ。

 総裁選日程などは、選管会合後の党総務会で正式決定された。党員投票は、年齢を公職選挙法に合わせて、従来の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる。また、これまでは党費を「2年分以上」納めることが投票条件だったが、今回は「1年分以上」に緩和する。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文827文字)

あわせて読みたい

注目の特集