メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領

2回目の米朝首脳会談「可能性が高い」

インタビューに答えるトランプ米大統領=ロイター

ロイター通信に 具体的な時期や場所など詳細は言及せず

 【ワシントン渋江千春】トランプ米大統領は20日、ロイター通信のインタビューに応じ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談について「可能性が高い」と述べた。

     トランプ氏は「私は(北朝鮮の)核実験やミサイル発射実験を止めた。日本は感激している」と自画自賛。さらに、金委員長との関係について「私は彼が好きだ。彼も私が好きだ。非常に良い個人的関係がある」と強調した。

     ただし、2回目の首脳会談の具体的な時期や場所など詳細は言及しなかった。

     6月12日にシンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談で、北朝鮮は「朝鮮半島の完全な非核化」に向けた努力を約束したが、その後の米朝協議で目立った進展は見られない。トランプ氏はインタビューで、北朝鮮の非核化に向けた具体的な措置を「確信している」とも語ったが、中身は明らかにしなかった。

     北朝鮮に関しては、ポンペオ米国務長官が議会公聴会で、核物質生産を継続していると証言。米メディアは、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発を継続しているとの情報機関の分析も報じている。米国内では北朝鮮の非核化に懐疑的な見方や、トランプ氏が譲歩しすぎているとの批判が出ている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
    5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです