メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3人グループ

オイカゼの「目で聴く音楽」 広がる共感

 関西を中心に活動するパフォーマンスグループ「オイカゼ」は「目で聴く音楽」をコンセプトに、手話やジェスチャーなどを交えて歌を表現する新たな音楽のスタイルを切り開いている。耳の不自由な人も楽しめるよう、歌詞の意味や情感を視覚的に伝え、障害の有無を超えて多くの人を引きつけている。

 3人のメンバーがステージに登場すると、約50人の観客は両手を上げてひらひらさせながら出迎える。「拍手」を表す手話だ。軽快なメロディーに、ボーカルの強力翔(ごうりきかける)さん(32)の優しい歌声が乗る。それに合わせ、いずれも耳が不自由な西田敬康(たかやす)さん(36)と竹下善徳(よしのり)さん(28)が手話やジェスチャー、顔の表情を織り交ぜて歌詞や情感を表現していく。息の合ったパフォーマンスが観客を魅了する。

 オイカゼは2年前、手話などで歌を表現する「サインダンス」のグループとして結成された。西田さんと竹下さんは日本で数少ないサインダンサーとして以前から活動していた。あるイベントで出会った歌手の強力さんと意気投合し、誰もが楽しめる音楽を3人で追求することにした。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです