メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
空飛ぶクルマ

海外で開発競争加速 日本も議論を本格化

日本の有志団体「CARTIVATOR(カーティベーター)」が開発中の空飛ぶクルマ「SkyDrive」のイメージ=カーティベーター提供

 政府は「空飛ぶクルマ」の2020年代の実用化に向け、年内に官民協議会を開きロードマップ(行程表)を策定する。自動車の電動化や自動化の流れが将来「空」にも広がると見て、海外では次世代移動サービスとして開発競争が加速。日本でも技術開発や安全確保などの議論を本格化させる。

 「空飛ぶクルマ」の明確な定義はないが、ヘリコプターとドローン(小型無人機)の間に位置づけられる。垂直に離着陸し、電池とモーターでプロペラを回して進む。さまざまなタイプが計画されており、飛行速度は時速100~数百キロで、自動操縦を想定するものが主流だ。エンジンを用いるヘリよりも部品が少なく構造が簡素▽操縦士がいらず運航コストはタクシー並み▽大規模なインフラなしで「点から点」へ最短で移動できる--などの利点がある。

 先行する米配車大手のウーバー・テクノロジーズは、20年代に空飛ぶクルマを用いた移動サービスの実用化を狙う。操縦士と客の計5人が乗る機体は最高時速320キロ。20年に試験飛行し、23年にサービスを始める予定だ。30年には操縦士なしで自動飛行するようになり、1000機以上が1日数十万人を運ぶ未来図を描く。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです