メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア首相

対中外交、老練に 硬軟混ぜ実利

記者会見を終え握手するマレーシアのマハティール首相(左)と中国の李克強首相=北京の人民大会堂で2018年8月20日、AP

 【北京・河津啓介、ジャカルタ武内彩】5月に92歳で首相に返り咲いたマレーシアのマハティール首相が公式訪問先の中国で、老練な外交手腕を発揮している。習近平国家主席や李克強首相と20日に北京で会談し、マレーシアの政権交代後も両国関係を発展させることで一致。中国が関わる国内の大型インフラ事業の見直しも提起したとみられ、硬軟両様の姿勢で自国利益の最大化を図る。

 マハティール氏は首相就任後、前政権が中国への経済的な依存を強めて大型インフラ事業を推進した姿勢を批…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文655文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです