新天皇

即位で使う「高御座」解体を公開 京都から移送へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
作業員により欄干が取り外され、解体されていく高御座=京都市上京区で2018年8月20日、川平愛撮影
作業員により欄干が取り外され、解体されていく高御座=京都市上京区で2018年8月20日、川平愛撮影

 宮内庁は20日、新天皇が即位を公に宣言する国事行為の儀式「即位礼正殿の儀」で使う「高御座(たかみくら)」の解体作業を京都御所(京都市上京区)で報道陣に公開した。高御座は重さ約8トン、高さ約6.5メートルで、修繕部分の確認や運搬のために解体が必要。9月中に東京都内に陸送される見込み。儀式は来年10月…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

あわせて読みたい

ニュース特集