メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいスタイル@ストリート

(105)一枚で存在感のある「ティアード」

ティアードスカートをはいた女性=日本ファッション協会提供

 ここ数年、ストリートで広がりを見せているのが「ティアード」だ。ティアードは「段々に積み重ねた」という意味。ファッションの世界では、フリルやラッフルを段々状に重ねたデザインのことを指す。

 ティアードは昔からよく取り入れられてきた。幅の大きさはさまざまで、少しの幅の違いで印象が変わる。特に、幅の小さいものはリゾートやエスニック系スタイルに度々使われてきた。1970年代のワンピースにもよく見られ、近年では「レトロ」の象徴として、あえてデザインされることも多い。

 今季はよりスタイリッシュになって注目を集めている。ブームは急に現れたように思えるが、その兆しは既に小物で見られた。昨年ごろからストリートでは、大きなフリルのついた「ティアードフリルバック」をよく見かける。サンダルなどにもフリルを重ねたデザインが展開された。今年はついにボトムスにも登場した。

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです