メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『新選組の料理人』門井慶喜・著

◆『新選組の料理人』門井慶喜・著(光文社/税別1500円)

 やっとう(剣術)の腕はからっきしの浪人、菅沼鉢四郎はひょんな事から新選組幹部(十番隊組長)の原田左之助と知り合い、料理の腕を見込まれて泣く子も黙る戦闘集団に入隊する。妻子とはぐれた冴(さ)えない男の目を通じて見た、新選組の真実とは。

 新選組を扱った小説といえば、王道はもはや古典ともいえる司馬遼太郎『燃えよ剣』(新潮文庫)だろうし、この作品で定着した枠組みを生かしてのオムニバスとしては、これまた司馬先生の『新選組血風録』(角川文庫)がある。また「○○の料理人」と銘打って、おいしい料理で政治や外交の難題を解決!のような本もよく売れているようだ。だから、本書はこれらのいいとこ取りなのかな、と読み進めたら、全く違った。さすがは直木賞受賞後第1作!と唸(うな)らせられる…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです