メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… ジャーナリスト・伊藤詩織さん

伊藤詩織さん=丸山博撮影

忍耐求める社会、変革を

 日本を離れ、英国を取材拠点にして1年たつ。欧米やアジアの放送局に企画を持ち込み、南米やアフリカを渡り歩きドキュメンタリーを制作する。日本語を使う機会が少ないから、というわけではないだろう。民事訴訟のために一時帰国し、インタビューに応じる最中、何度も息を整えては次の言葉を探した。

 「つい考えちゃうんです。どういう言葉を使えば、自分の考えをきちんと伝えられるのかって。英語は私のような外国人にとっても、ノーの意味はノーです。でも日本語は違う。その場の状況次第で『いやよ、いやよも好きのうち』でイエスだと解釈される。逆に本当は必要なのに、遠慮が求められて『大丈夫です』と表面上断らなくてはいけない場面もある」

この記事は有料記事です。

残り2551文字(全文2865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです