メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・中村彰彦さん 戦争の面影残す、公園の緑

 西東京市に住み始めたのは1970年代の後半ぐらいかな。結婚することになって、田無市と合併する前の保谷市に落ち着いたわけです。住んでみると、都内のどこへ行くにも、1時間ぐらい。意外と便利ですよ。野鳥が多いですね。散歩していて鳥がいると、何ていう鳥だろうと、家へ帰って鳥類図鑑で調べたりね。ずいぶんいろんな鳥がいるんだなと思います。

 周辺には戦争の面影も残っています。自宅と仕事場の間にある武蔵野中央公園は、以前は緑町公園という名前…

この記事は有料記事です。

残り1603文字(全文1818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです