メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・中村彰彦さん 戦争の面影残す、公園の緑

 西東京市に住み始めたのは1970年代の後半ぐらいかな。結婚することになって、田無市と合併する前の保谷市に落ち着いたわけです。住んでみると、都内のどこへ行くにも、1時間ぐらい。意外と便利ですよ。野鳥が多いですね。散歩していて鳥がいると、何ていう鳥だろうと、家へ帰って鳥類図鑑で調べたりね。ずいぶんいろんな鳥がいるんだなと思います。

 周辺には戦争の面影も残っています。自宅と仕事場の間にある武蔵野中央公園は、以前は緑町公園という名前でした。戦後、米軍のキャンプがあって、グリーンキャンプと言ったんですね。それが返還されて公園になったから、グリーンパークとなり、日本語で緑町公園になったわけ。何でそんな場所に進駐軍が来たかというと、零戦を造っていた旧中島飛行機の武蔵野工場があったからなんですね。だから、B29による東京空襲の最初の標…

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです