メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水球

宮沢選手、アジア大会へ 金沢市工・総体V3弾みに /石川

全国高校総体を制覇し、アジア大会への意気込みを語る水球の宮沢拓夢選手=金沢市役所で、岩壁峻撮影

 水球日本代表で金沢市立工高3年の宮沢拓夢(たくむ)選手(17)が22日、インドネシア・ジャカルタで行われているアジア大会へ出発する。同校では主将を務め、20日にあった全国高校総体決勝でもチームの3連覇に貢献。代表最年少の宮沢選手は「点数を決めるのが自分の仕事」と大舞台を見据えた。

 宮沢選手ら金沢市工のメンバーは21日、金沢市役所を訪れ高校総体優勝を報告した。優勝4回の秀明英光(埼玉)に20-6と大差をつけての栄冠に、山野之義市長は「圧倒的な存在感を示してくれた」とたたえた。宮沢選手にとっても最終学年での優勝は格別。「…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです