ヒバクシャ地球一周

「生きる限り悲劇伝える」 参加者決定 広島 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
証言の航海で核廃絶を訴える空民子さん(左)、塚本美知子さん(右から2人目)、安藤真子さん(右)。左から2人目は主催するピースボートの川崎哲さん=広島市役所で、高山梓撮影
証言の航海で核廃絶を訴える空民子さん(左)、塚本美知子さん(右から2人目)、安藤真子さん(右)。左から2人目は主催するピースボートの川崎哲さん=広島市役所で、高山梓撮影

 船で各国を回りながら被爆者が体験を証言する「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の参加者が決まり、広島市役所で記者会見した。中国やアメリカなど核保有国も訪れ、核兵器の非人道性を訴え、核兵器禁止条約の発効に向け署名、批准を呼びかける。

 NGO「ピースボート」(東京都)主催で今年で12回目。参加するのは、10歳の時に大崎上島の離島で救護被爆した塚本美知子さん(83)=東京都杉並区=と3歳の時に爆心地から約3キロで被爆した空民子さん(76)=中区=、東区出身で神戸大大学院の安藤真子さん(23)…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文614文字)

あわせて読みたい

ニュース特集