ニホンカモシカ

赤ちゃん「テニア」見に来て 今月10日誕生 “美脚”の持ち主 わんぱーくこうちアニマルランド /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニホンカモシカの赤ちゃんテニア(下)と母親のアヤ=高知市桟橋通6のわんぱーくこうちアニマルランドで、同園提供
ニホンカモシカの赤ちゃんテニア(下)と母親のアヤ=高知市桟橋通6のわんぱーくこうちアニマルランドで、同園提供

 わんぱーくこうちアニマルランド(高知市桟橋通6)が、今月10日に生まれたニホンカモシカの赤ちゃんを一般公開している。父・テツと母・アヤの2頭目の子であることからちなみ「テニア」と名付けた。【北村栞】

 テニアはメスで、体長約50センチで、体重は3キロに満たない。アヤの後を付いて回ったり、背中に乗ったりして甘える一面を見せている。まだ…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集