第100回全国高校野球

大阪桐蔭、春夏連覇 2度目は史上初 金足農、東北初V逃す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【金足農-大阪桐蔭】2度目の春夏連覇を果たし、マウンドに集まって喜び合う大阪桐蔭の選手たち=阪神甲子園球場で2018年8月21日、平川義之撮影
【金足農-大阪桐蔭】2度目の春夏連覇を果たし、マウンドに集まって喜び合う大阪桐蔭の選手たち=阪神甲子園球場で2018年8月21日、平川義之撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は最終日の21日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝があり、今春センバツ優勝の大阪桐蔭(北大阪)が13-2で金足農(秋田)に大勝し、4年ぶり5回目の優勝を飾るとともに2012年以来となる史上初の2度目の春夏連覇を達成した。(4面に大阪桐蔭・根尾昂

 春夏通算8回目の優勝で、PL学園(大阪)、広島商、松山商(愛媛)を抜き、中京大中京(愛知)の11回に次いで歴代単独2位となった。

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1476文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい