選挙

沖縄県知事選 玉城氏出馬協議、結論は持ち越し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自由党の小沢一郎共同代表との会談後、沖縄県知事選について記者団の質問に答える同党幹事長の玉城デニー衆院議員=衆院第1議員会館で2018年8月21日午後0時41分、川田雅浩撮影
自由党の小沢一郎共同代表との会談後、沖縄県知事選について記者団の質問に答える同党幹事長の玉城デニー衆院議員=衆院第1議員会館で2018年8月21日午後0時41分、川田雅浩撮影

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の死去に伴う9月30日投開票の知事選で、自由党幹事長の玉城(たまき)デニー衆院議員(58)=沖縄3区=は21日、沖縄市で後援会幹部を集めた会合を開き、翁長氏の後継候補として知事選に出馬することについて協議したが、結論を持ち越した。会合後、記者団に「さらに慎重に検討していきたい。まとまれば報告する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文384文字)

あわせて読みたい