メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

命むしばむゲーム依存 WHO、精神疾患と定義へ 課金で借金、自殺者も

人気のあるゲームの多くは、利用者同士が仲間になって敵を倒していくという内容だ=五味香織撮影

 世界保健機関(WHO)は、スマートフォン用アプリなどのゲームがやめられず日常生活に支障を来す状態を「ゲーム障害(Gaming disorder)」と定義し、精神疾患の一つと位置付ける方針だ。来年5月の総会で採択されると正式決定する。治療の広がりに期待する声が上がるが、一方でインターネットが生活に密着し、「eスポーツ」と呼ばれるゲーム競技も世界的に興隆しており、対策は模索が続く。【五味香織、原田啓之】

 「このままじゃまずいとは思ってる」。不登校になった神奈川県の中学3年の男子生徒(14)は伏し目がちに語った。昨秋から、スマホアプリや家庭用ゲームに没頭して学校を休みがちになった。食事を取らず、風呂にも入らずに明け方までゲームを続けた。学校は欠席が続き、父親が叱ると壁やドアを蹴って暴れた。

この記事は有料記事です。

残り1911文字(全文2258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです