メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

命むしばむゲーム依存 WHO、精神疾患と定義へ 課金で借金、自殺者も

人気のあるゲームの多くは、利用者同士が仲間になって敵を倒していくという内容だ=五味香織撮影

 世界保健機関(WHO)は、スマートフォン用アプリなどのゲームがやめられず日常生活に支障を来す状態を「ゲーム障害(Gaming disorder)」と定義し、精神疾患の一つと位置付ける方針だ。来年5月の総会で採択されると正式決定する。治療の広がりに期待する声が上がるが、一方でインターネットが生活に密着し、「eスポーツ」と呼ばれるゲーム競技も世界的に興隆しており、対策は模索が続く。【五味香織、原田啓之】

 「このままじゃまずいとは思ってる」。不登校になった神奈川県の中学3年の男子生徒(14)は伏し目がち…

この記事は有料記事です。

残り2006文字(全文2258文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです