メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

テレワーク幻想=福本容子

 <sui-setsu>

 高校生の娘とどこか疎遠になったお父さん。毎晩遅くクタクタで帰宅し、家族との時間がなくなっていたせいか。日々の出社をやめ、自宅近くでテレワークを始める。通勤時間が浮いて娘と話す余裕ができた。早く帰宅し、初日から夏野菜のカレーを作った。「おいしい」と喜ぶ娘。

 テレワーク推進のため政府が作ったインターネット動画のあらすじだ。働き方改革の一環として政府はテレワークを広く呼びかけている。

 2020年夏の東京五輪期間中、首都圏の企業が一斉に取り入れたら混雑緩和効果も期待できそう。というわけで、本質的に無関係だが、五輪開会式の7月24日がテレワーク・デーに決まった。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです