メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

2018自民党総裁選 地方から/上 辺野古議論、置き去り 強引な容認、残る不満

沖縄県庁前で翁長雄志知事の冥福を祈って黙とうする県職員ら。自民党総裁選と知事選は同じ9月に行われる=那覇市で2018年8月13日、野田武撮影

 自民党で派閥に属していない中堅・若手衆院議員のグループ「ガネーシャの会」のメンバー12人が7日夜、那覇市のホテルで党沖縄県連幹部と会食した。「県連重鎮のみなさんには、ぜひとも安倍晋三総裁候補(63)を支援いただきたい」。会長の坂井学副総務相(52)の言いぶりは率直だった。首相が立候補を表明する前に、周辺は動き出している。

 ヒンズー教の神の名に由来するガネーシャの会を束ねるのは菅義偉官房長官(69)。坂井氏は「菅氏の沖縄…

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1402文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです