メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

JR九州、ローカル線大幅減便 公共の足「脱鉄道」視野に=石田宗久(西部経済部)

出発を待つ久大線日田発大分行きの最終列車。多くの高校生が利用している=大分県日田市のJR日田駅で7月、石田宗久撮影

 JR九州は今年3月、ローカル線の列車本数を大幅に減便するダイヤ改定に踏み切った。各自治体からの反発を受け、乗り換えの改善など一部修正したが、不満はくすぶり、更なる減便や廃線に対する懸念も根強い。ローカル線の赤字はJR九州の経営の重しになっており、一定の効率化が必要なのは理解できる。一方で、減便による利便性の低下は地方の地盤沈下に拍車をかける恐れがある。全国のローカル線で同じような悩みを抱える中、鉄道事業者と地元自治体が協力して、地域の実情に見合った持続可能な公共交通機関の在り方を模索する必要がある。

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです