メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

実店舗の可能性に挑戦する今井書店=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 東京・神田神保町に事務所があることから、古本街はもちろん書店にも頻繁に足を運ぶ。司書の資格もあり、元三鷹駅前図書館長という経験から根っからの本好きである。

 実はこれまで身近にあった書店がどんどん減少している。2000年に2万1495店あったが、17年には1万2526店と42%も減少した。書店がない自治体も全国で2割にも達する。

 品ぞろえの豊富さやピンポイント検索、配達の迅速性では、ネット書店に軍配が上がる。しかし書店の魅力も…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです