メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

国旗落ち、名前誤り、時計壊れ…運営あたふた 日本選手団「柔軟に対応」

国旗掲揚のトラブルで急きょ手持ちでの掲揚となった競泳の表彰式=ジャカルタで2018年8月19日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ倉沢仁志】18日に開幕したジャカルタ・アジア大会で大会運営上のトラブルが相次いでいる。競技の進行が遅れることも多く、日本選手団も「何が起こるか分からない」と受け止め、柔軟に対応している。

 日本勢が競技初日から金メダルを獲得した競泳会場。男子200メートル自由形決勝は2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの孫楊(中国)が優勝、松元克央(セントラルスポーツ)が2位だった。表彰式で、孫楊が国歌を歌っていると、金属製の高さ約5メートルの支柱に掲揚されていた中国と日本の国旗が落下した。スタンドからは悲鳴や怒号が飛び交い、孫楊は競技役員にやり直しをアピール。再び国歌が流れたときは競技運営側が国旗を手で持ってしのぎ、その後支柱は交換さ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. 都公安委 吉沢ひとみ被告の免許取り消し
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです