メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

国旗落ち、名前誤り、時計壊れ…運営あたふた 日本選手団「柔軟に対応」

国旗掲揚のトラブルで急きょ手持ちでの掲揚となった競泳の表彰式=ジャカルタで2018年8月19日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ倉沢仁志】18日に開幕したジャカルタ・アジア大会で大会運営上のトラブルが相次いでいる。競技の進行が遅れることも多く、日本選手団も「何が起こるか分からない」と受け止め、柔軟に対応している。

 日本勢が競技初日から金メダルを獲得した競泳会場。男子200メートル自由形決勝は2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの孫楊(中国)が優勝、松元克央(セントラルスポーツ)が2位だった。表彰式で、孫楊が国歌を歌っていると、金属製の高さ約5メートルの支柱に掲揚されていた中国と日本の国旗が落下した。スタンドからは悲鳴や怒号が飛び交い、孫楊は競技役員にやり直しをアピール。再び国歌が流れたときは競技運営側が国旗を手で持ってしのぎ、その後支柱は交換さ…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです