特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治竜王-糸谷哲郎八段 第7局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

攻めが続くか

 対局中、棋士は外に出てはいけない。そのため飲み物は会館内で購入する。東京・将棋会館には2階に自動販売機がある。将棋道場がある階で、夏休みということもあり対局待ちの子らが廊下まであふれていた。

 図で[後]5四同銀は[先]同銀[後]同飛に[先]4一角で先手好調。本譜は角を打ち合い、2階の熱気に負けない激しい展開に進む。

 先手の[先]4六角は狙いが玉頭への一点集中のため、先手が攻め切るか後手が受け切るかわかりやすい構図となった。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文795文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集