メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 貧困、暴力からの回復へ 女性支援強化プランを=立教大学教授・湯沢直美

 7月末、厚生労働省による「困難な問題を抱える女性への支援のあり方に関する検討会」が始まった。

 相次ぐ女性への暴力により死亡事件が多発し、蔓延(まんえん)する性暴力や性的な搾取により被害者が低年齢化している。単身女性の貧困や生活困難も深刻だ。児童虐待防止対策では、緊急総合対策として数値目標を伴う強化プランが策定されたように、女性支援のあり方についての総合的な強化プラン樹立が望まれる。

 現在、女性への支援を担う中核的な施策としては、婦人相談所・婦人相談員・婦人保護施設からなる婦人保護…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  5. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです